道庁2次対策ガイダンス、終了☆

2015年05月28日 21:57

 今夜は道庁2次対策ガイダンスにご参加いただきありがとうございました。LEC東京リーガルマインド専任講師でフリーアナウンサーでもある矢部順子先生に面接のポイントを講義していただき、ゲストとして昨年合格した現役道庁職員の方に体験談を話していただきました。
 今夜だけでも43名の参加があり、この後遅れて申し込む方も入れると50名規模の大きな北海道庁2次対策になると思います。全員合格目指して頑張っていきましょう☆

 私から、北海道庁の面接を受けるLEC生に向けて、特に強調したいポイントは「札幌目線になるな」ということです。長く札幌に住んでいたり、まして札幌市役所も併願していたりすれば、北海道を「札幌目線」で見てしまいがちです。北海道(179の市町村で約540万人)の約3分の1(1つの政令市で約194万)の人口を有する札幌からの目線は、しばしば北海道への正確な理解を歪めてしまいます。極端に言えば、例えば「礼文島」のようなところの目線で北海道を捉えていきましょう。札幌が北海道経済を牽引しなければならないのは言うまでもないことですが、札幌市で経済政策を立案したいのなら、札幌市役所に勤めるべきなのです。
 14ある総合振興局・振興局HP)をしっかり調べて、どこの地域で働いてみたいかも考えておきましょう。最終的に採用されるのは、例えば地域で第1次産業に従事し、苦しい中でも食料基地を守ろうとしている道民と悩みを共有しながらともに歩み、地域のために汗して働ける力のある人だと思います。
 「北海道」と同じように、スケールの大きな人間を目指す、スケールの大きな2次対策にしていきましょう★

LEC東京リーガルマインド札幌本校公務員情報センター
総合プロデューサー/専任講師 小堀 学


最新記事