【8月16日更新!!】ワークショップ教室リターンズ★

2015年08月16日 16:43

 LEC札幌本校では、対講師との模擬面接の他に、受講生同士での模擬面接、政策研究なども積極的に推奨しています。
 
 ワークショップへのご要望が多く、以下の日程で教室を何とか開けました。是非ご活用下さい。最後のダメ押しを★

8/20(木)9:30-18:30(306教室)※旧309教室
8/21(金)9:30-18:30(306教室)※旧309教室


※休憩室でワークショップを行なうことは禁止です。どうしても時間が合わない場合はアスティ地下の共用スペースをご活用ください。また例年カラオケルームなどを利用しているグループもあります。そのまま歌って、元気な声を出す練習をしてもOKです(笑)
谷口さんはジャンカラがオススメらしいです(笑)←平日フリータイムがオススメ!!

 下記に、ワークショップに関する文書の文言を掲載します。
--------------------------------------------------------------------------------------
Workshop/ワークショップの使い方
LEC札幌本校では、2015年合格目標LEC公務員コース生の皆さんに面接シーズン中、一部教室をワークショップ教室として開放いたします。
使用例)
・面接練習  ・集団討論練習  ・情報共有 ・面接カード記入
・札幌市政研究、道政研究、国家一般職志望官庁政策研究など

特に実施していだきたいのが面接練習です。普段一緒に講義を受けている受講生同士でも最初は緊張すると思いますが、本番の面接官が相手ならばもっと緊張するはずです。昨年までの受講生の皆さんが残してきてくれた質問内容などを記載した面接再現シートを使用して、積極的に面接練習をしてください。あくまでワークショップは自主的に行っていただくものです。仲間を誘い合って積極的にご参加下さい。皆さんで声を掛け合ってたくさん練習をしてください。 

【開催日・場所】日時に関してはブログ“LIVE on LEC”(http://lecsapkoumuin.blog20.fc2.com/)でのみお知らせいたします。随時、ご確認をお願い致します。また、教室番号は日々変更されます。本日の実施講座一覧をご確認の上ご利用下さい。 

【注意事項】(守っていただけない場合、ワークショップ教室の開放は中止となります。)
・資料は事務局で管理しています。使用する時は毎回事務局で受取り、使用後は必ず事務局まで返却して下さい。教室に放置は厳禁です!!
・隣の教室は講義や自習室ですので、大声は出さないようにして下さい。
・ゴミはきちんと片付けてください。
・机を移動する際は怪我をしないように気をつけてください。終わったら必ず元の状態に戻してください。食事はワークショップ教室でとってもかまいません。
・休憩室内でワークショップを行なうことは厳禁です(他の資格受講生からクレームがあった場合もワークショップは中止になります)。
・他の受講生の迷惑になるような行為はお控え下さい。
・貴重品の管理はご自身で行なって下さい。
--------------------------------------------------------------------------------------
 過去の受講生のワークショップに参加していただいた方の合格体験記の抜粋です。
・LECには筆記試験後にワークショップという2次対策があります。皆で集まって志望動機や自己PRのいい所やダメな所をお互い指摘しあう場です。志望動機や自己PRなど面接で言おうとしている事筆記試験とは違い、自分でどんなに正しいと思っていても、他の人に見られるとあっさりダメな部分が見えてきます。面接対策は不思議なもので自分の内容はどんなに考えても改善点が思いつきませんが、他の人の内容はポンポン矛盾点や改善点が思い浮かびます。これがワークショップの最大の目的だと思いますので、自分1人で考える時間とバランスを取りながら活用しましょう。本番のシチュエーションに慣れるために友人同士で模擬面接も数をこなした方がいいです。私は1番最初に友人と模擬面接した時は15秒くらい沈黙してしまい何とも言えない気まずい空気になりました。これも数をこなして改善できたのでワークショップを通じて面接慣れする事が大事です。
・面接対策は毎日LECのワークショップ教室に通って行っていました。私は今まで面接の経験がなかったので、2次対策を始めたころは不安でいっぱいでした。しかしLEC生のみんなと模擬面接等をしていくうちに、自分に自信がつき堂々と本番に臨めました。2次対策で一番重要な事は、一人でやらないことだと思います。たとえば面接カードを書く際も、できるだけ多くのひとに見てもらうことをお勧めします。より多くのひとの意見を聞くことで自分ひとりでは気づかないような発見があったり、逆にひとの面接カードを見せてもらうことも、とても勉強になります。模擬面接も同様です。いろいろな人に面接官役になってもらったり、自分が面接官役として面接官の視点から他の人の面を見ることも重要です。またワークショップには情報交換という大きなメリットがあります。限られた時間のなか一人で調べるには限界があります。しかしワークショップで情報を共有することで守備範囲が広がります。とくに国家一般職の官庁訪問があると調べることが多くて大変ですが、先に官庁訪問に行った人の情報などを聞いて効率よく準備できました。2次対策は常に不安もありましたが、毎日が充実していてとても楽しかったです。

 答え方に困っている、経歴がうまく説明できない、というようなことがあればいつでも小堀までご相談ください。

LEC東京リーガルマインド札幌本校公務員情報センター


最新記事