【必ずお読みください】LEC札幌本校2次試験対策マニュアル

2016年05月28日 13:27

2次試験対策の流れを以下記載します。
国家公務員、地方公務員、消防官、警察官など職種を問わず、全ての2次対策を受講するLEC受講生は必ずご一読ください。

①まずは(原則、第1次試験合格発表日の夜に実施する)2次対策ガイダンスに出席してください。そこで面接カード添削・模擬面接の予約を取ります。ガイダンス実施日時詳細はブログにてご確認下さい。
※面接カード添削がない試験種もあります。また、2次試験対策ガイダンスのない受験先については直接予約を取りますので、お電話や受付にて公務員担当宛までお問い合わせ下さい。

②面接カード添削について
各人事委員会から送られてくる面接カード、又はエントリーシートの作成には原本にいきなり記入せず、予め複数枚コピーをとり使用するようにしましょう。
コピーしたものに必要事項を記入し面接添削時に2部持参して下さい。1部には面接官が添削をしご本人様にお返し致します。1部は回収させていただきます。
もちろん内容は不完全で構いませんが、空白だと添削のしようがないので、何とか埋めてきてください。
添削の実施場所は教室掲示のところでご確認下さい。

③模擬面接について
各人事委員会に提出した面接カードやエントリーシート(本番用)のコピーを2部用意して、2部とも模擬面接担当講師にお渡しください。
提出していただいた面接カードは、模擬面接時の講師控え用又は事務局保管用とし使用しますので返却いたしません。
面接の実施場所は教室掲示のところでご確認下さい。前の人が終わるまで、教室の前の椅子でお待ち下さい。受付に寄っていただく必要はありません。
※服装の指定は特にありません。例年スーツで来られる方もいらっしゃれば、Tシャツ・短パンで来る方もいらっしゃいます。
模擬面接講師に身だしなみ等のチェックを受けたい方は本番と同じ格好で来た方がいいでしょう。

④模擬面接終了後、模擬面接担当講師から「評定カルテ」を受け取ってください。
※同受験先の2回目の模擬面接を希望する場合は、事務局受付にて公務員担当までお問い合わせ下さい。
模擬面接枠があれば、予約できます(例年、LEC生は、道庁、札幌市、国家一般職、国税専門官、裁判所職員と続々と合格する方が多いので、それぞれの試験種で模擬面接を1回行ったとしてもそれだけで5回。その内、模擬面接にも慣れてきてしまうようで、1つの試験種で模擬面接を複数回希望する方はあまり多くありません)。

⑤「面接再現」入力フォームについて
LECのHP上に「面接再現」入力フォームがあります。
本番終了後、忘れないうちにすぐ【WEBフォーマット】へご入力ください。スマホからも入力可能です。

2次対策でできた仲間は、来春以降、働き始めてから、官庁の枠を超えた長く続くネットワークになります。仕事をしていく中で、いろいろな官庁に気心の知れた仲間がたくさんいるということは、将来きっと大きな強みになります。コース生同士、情報交換、練習を活発に行って、活気ある「面接常勝軍団」を目指していきましょう!!



最新記事