FC2ブログ

直前期の学習法について

2018年03月13日 19:26

みなさんこんにちは!アドバイザーの津坂です。

いよいよ3月になり、私たちアドバイザーの出勤回数も残りわずかとなってしまいました。
日ごろの学習で生じた疑問点など、聞き残したことは無かったでしょうか?


ところで、皆さんの相談を受けている中で、「直前期はどのように学習すればいいのか」という質問を特に多く受けました。
実際に、「直前期だけど模試の点数が伸びない・・・」と悩んでいる受験生の皆さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか?

具体的な、直前期の学習法として私が実践していたことは、
①模試・クイックマスターで間違った問題をピックアップして一つのノート(=復習ノート)にまとめる。
②数的処理、文章理解は毎日決まった問題数を解くことを本試験まで継続する
③専門科目は一日に複数教科に触れる。

の3点でした。

①について、復習ノートは、通学時間等の隙間時間の学習、本試験1週間前などの超直前期の学習の際に特に有効でした。
②について、直前期は専門科目の詰め込みい時間を多く取られてしまい、教養対策がおろそかになってしまっている方もいるかと思います。しかし、特に数的処理と文章理解は間を空けてしまうと感覚が鈍ってしまうため、出来るだけ毎日触れるようにしましょう。
③について、直前期は専門科目の詰め込みが重要になってきます。短期間に多くの教科を学習しなければいけない為、まんべんなく学習するという意味でも一日に複数教科(2~4教科程度)に触れることをオススメします。

このほかにも、
「この教科はどのように学習すればいいのか?」、
「一日の学習スケジュールはどのように設定すればいいのか?」
など、日々の学習について不安に思っている方がいらっしゃれば、是非お気軽に事務局まで相談にお越し下さい!

ちなみに、アドバイザー津坂と梶原の最終出勤日は3月20日(火)となっています!


LEC札幌本校公務員合格者アドバイザー
津坂 勇作


最新記事